この非常食はNASAで宇宙食として採用されました おすすめのサバイバルフーズ

非常食

非常食は保存がきくものが優先で 味は二の次になってしまいますが、 この非常食はおいしいことで有名です。
普段の食事としても充分に使えます。

さらに10年間の備蓄ができるので、防災用品と一緒に置いていても 管理が頻繁でなくてもいいのがいいですね。


このNASAが採用しているサバイバルフーズは、
水を入れて火に10分かけるだけでおいしい食事ができあがります。
防災用の備蓄としてだけでなく、
インフルエンザで買い物に行かれない時にも助かりますね。



サバイバルフーズとは

米国陸軍(Army)やNASA(米国航空宇宙局)へも食料を提供する米国オレゴンフリーズドライ社のフリーズドライ食品とクラッカーです。厳選された食材を、日本人の味覚に合うようにおいしく調理しています。そのままフリーズドライ加工することで、水分のみを95%まで除去、缶内の酸素を2%以下にして素材のうまさをそのまま封じ込めました。国内でも30年の販売実績を持ち、国会や官公庁、全国自治体、それに病院や福祉施設にまで広く導入されています。 飴


その他にチョコレートやハチミツ、キャンディーなどがあると
いいですよ。


非常食と一緒に栄養価の高いハチミツや、高カロリーが手軽に摂取できるチョコレート、
疲労回復になるキャンディーなどもあるといいですね。








さまざまな非常食

パンデミック対策用品(非常食)
新型インフルエンザ(豚インフルエンザ/鳥インフルエンザ)のパンデミック対策に備蓄用の非常食をおすすめします。家族全員が2週間生活できる食料備蓄が推奨されています。 サバイバルフーズ 洋風えび雑炊[非常食 保存食] の 原材料
えび、野菜(にんじん、たまねぎ、セロリ、えんどう豆)、水煮マッシュルーム(マッシュルーム、食塩)、白米、白ワイン、バター、コーン油、チキンブイヨンパウダー、食塩、香辛料、増粘剤(加工デンプン)、クエン酸、調味料(アミノ酸等)、香料、(原材料の一部に乳製品、小麦、大豆、ゼラチンを含む) 栄養成分表 (1枚(70g)あたり) エネルギー 377kcal、たんぱく質 20.9g、脂質 20.5g、炭水化物 31.4g、ナトリウム 2.24g、(食塩相当量 5.69g)

防災用品は、ただあればいいというものではありません
1 「災害発生直後の、生き延びるための備品」
2 「避難所生活で、文化的に過ごせるための備品」
上記の2つの防災用品を揃えるのが必要です。 1は、「3日分の食料や飲料水を揃えなさい」と言われています。援助が来るまでの食料や水です。そして、ライト、ラジオ、靴、応急救命道具などです。ただ、家族が多い場合、3日分の水だけでもかなりの重量になってしまいます。運べる重さを確認することと、それらを運び出すことよりもまずは、自分の命を守ることを最優先しましょう。 2は、非難所での援助は、食料に偏りがちなので、 衛生用品は用意しておきたいです。 以下は阪神大震災の経験者による、あるととても助かる。というものをリストアップしました。 ・水のいらないシャンプー ・簡易トイレ ・女性の方なら生理用品 ・給水のためのおおきな水容器 ・スカートタオル (着替え時に便利) ・大きな透明のビニール袋 (煙の中を避難するとき、すっぽりかぶれば煙よけになります透明なので視界も良好) また以下のものは、家族構成によって変わってきます。 ・ビタミンなどの栄養補給サプリメント ・赤ちゃんのための、離乳食やオムツ、おもちゃ ・高齢の方のための柔らかい食品など

Copyright © 10年保存できるおいしい非常食 防災用品の通販 All rights reserved. Template by :SEO対策済みテンプレート